突然の出産へ


26W5D・・・。  その日は突然にやってきました。

妻の電話で病院に駆けつけたときは、もう既に手術が始まっていました。
子供の予後や母体の安全を考えて、ほぼ帝王切開での出産と言う事は事前に聞いていました。
帝王切開は比較的早く終わると言う事を聞いていたのですが、待っている時間はとても長く感じました。

お昼過ぎに連絡を受けて、病院に着いたのは一時少し過ぎた所。
どうやら
「 出産は2時過ぎで2時半には戻ってくる 」
 と言う事でした。

頭の中で色々な事が駆け巡ります。腹を括っていた筈なのですがイザとなるとやっぱりダメなんですね・・・。


結局2時半を廻って、妻が帰ってきました。

「 産まれました・・・!元気な女の子ですよ・・・。 」

・・・みたいな事を看護婦さんに言って頂けるのかと、それを聞きながら父親の実感を味わうのかと、 思ってました・・・・。


しかし、

「 奥さん、こちらで様子を見ますから付いてきてください! 」

緊迫した言葉に一瞬の安堵を抱いた自分を反省しました。

どうやら妻は少し風邪気味で体調を崩していながらの出産だったようで体温が39℃を超えていて、激しい悪寒に襲われていました。

そんな妻を心配しながらも、医師に呼ばれ子供についての重要事項の説明を受ける事となりました。

そこで約一時間近く経過を聞いて、更に今後の治療方針と子供の予後についてを確認し、やっと我が子に逢えたのは夜の6時過ぎになってしまいました・・・。

詳細は次回にしたいと思います。
それまでに少し事態を私なりに整理したいと思います。




マタニティブログ・・・応援の程お願い致します・・・。

にほんブログ村 マタニティーブログへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36697809

この記事へのトラックバック


今すぐ、グーグルアドセンスに登録する


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。