出産回顧


先週、突然破水出産となりました。

生まれてきた赤ちゃんは978グラムの女のコ。「可愛い!」って心から思えるまでに一週間ほどの時間が必要でした。

なぜならそれは、あまりにも小さな姿に手足を包帯で巻かれ体中につけられたたくさんのセンサー、それに何本もの管・・・・。
痛々しかったのです。

対面しての第一声は・・・思わず「がんばれ!」でした。

生まれて三時間と少しで小児科の医師に呼ばれました。

うちのコはこの週数、大きさにしては肺も成長してるし、生まれてすぐに泣いたそうです。

普通は呼吸するのもままならずに何分も泣くどころか呼吸もできずにいるコもたくさんいるそうですのでその点は安心しました。

と言う事で人工呼吸器もつけずに頑張ってパクパクしていました。

体内にいる間に子宮内での感染はあるでしょう。という事でしたのでそのあたりに注意しながら経過観察していくそうです。

確かにあまりに週数が早く出てきてしまうと助からないし、かといってウテメリンやマグセントで点滴している時間が長いと子宮内で感染してしまう・・・

幸いにも元気にしているのでホッとしています。

予定ではこの週数で出てきた赤ちゃんは、予定日プラスひと月程入院しているようですので、うちのコは7月末に退院の予定です。

少しせっかちに出てきましたが、点滴に耐えられなくなっていたお母さんを気遣って早めに出てきたやさしいわがコをこれからも暖かく見守っていくしかありません。

やっと少し冷静になってきました。父親ってもっとしっかりしていないといけないんですけどね・・・。



マタニティブログ・・・応援の程お願い致します・・・。

にほんブログ村 マタニティーブログへ



この記事へのコメント
あ〜良かった。凄く凄く心配してたんです。
赤ちゃん、お父さん、お母さん頑張れ!!!
Posted by ジャスミン at 2007年04月03日 15:27
ジャスミンさんへ

コメントありがとうございます。
おかげさまで何とかスクスク育っているようです。
心温まるコメントにとても癒されました。
Posted by 30代プレパパ at 2007年04月04日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37251870

この記事へのトラックバック


今すぐ、グーグルアドセンスに登録する


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。