産後の今後


娘を無事に出産し、妻も無事に退院してブログも「あーちゃんと一緒」に引き継いだのですが、「産後」の妻も育児もこれまで未経験なので、日々悪戦苦闘しています。

今後は、出産後の妻の様子もと不定期にアップして行こうと思います。

よろしくお願いいたします。

NICUへ


妻も退院したのですが、我が娘はNICUへ・・・。

病院に通うのはまだまだ続きそうです。

妻も退院したばかりというのに、まもなく一ヶ月検診。

妻の体調もあまりすぐれず、相変わらずに腹痛が続いています。

原因も便なのか筋腫なのか、それとも後陣痛の残りなのか・・・。

見ている側からは判りませんが、それでもしっかりと娘に会いに病院には通っています。

それと・・・一番驚いたのは・・・


この続き・・・

長かった入院→退院へ


妻が退院しました。

退院まで約3週間もかかってしまいました。

ここまで長引いたのは高齢なのもあるのでしょうが、筋腫を抱えていたからという事が大きいようです。

更に妻は胃腸が弱いため妊娠中から重度の便秘に悩まされました。多くの妊婦さんが悩むそうですが、この便秘に出産後も悩まされました。

後陣痛も順調に引いていったのですが、原因不明の腹痛がお腹の複数の箇所で治まりません。


妻も心配なのですが、生まれた娘も心配です。

1000グラム未満で生まれた娘が見る見るうちに体重が減っていき、一時700グラム台まで落ち込みました。

むくみなどがあってみんな一時的には体重が減少するのだそうですが、ただでさえ少ないので、見ていて「骨と皮」にぐるぐる巻きの包帯と様々な機器・・・。


妻が退院する頃には、ようやく体重も戻ってきました。

早く、1000グラムを超えてふっくらとした我が娘に会いたいと思います。



マタニティブログ・・・応援の程お願い致します・・・。

にほんブログ村 マタニティーブログへ


産後の苦難


突然出産に至ったあの日から激動の日々が過ぎていきました。

病院によると自然分娩の場合6日後位、帝王切開の場合8日位で退院となるようです。

妻の場合は高齢のせいか、色々あったせいかは判りませんがまもなく2週間が経とうとしています。

帝王切開子宮筋腫切迫早産・・・それまでのウテメリンマグセントミラクリットな日々も大変だったと思いますが、この2週間も辛かったのでは・・・と思います。

切ったお腹や子宮の痛み、後陣痛との戦いは想像以上だったと本人も言っていました。

確かに出産3日後位までは自力では歩けませんでした。

しかし、もっと辛い過酷な日々が待っているとは二人とも想像もしていませんでした。




この続き・・・

出産回顧


先週、突然破水出産となりました。

生まれてきた赤ちゃんは978グラムの女のコ。「可愛い!」って心から思えるまでに一週間ほどの時間が必要でした。

なぜならそれは、あまりにも小さな姿に手足を包帯で巻かれ体中につけられたたくさんのセンサー、それに何本もの管・・・・。
痛々しかったのです。

対面しての第一声は・・・思わず「がんばれ!」でした。

生まれて三時間と少しで小児科の医師に呼ばれました。

うちのコはこの週数、大きさにしては肺も成長してるし、生まれてすぐに泣いたそうです。

普通は呼吸するのもままならずに何分も泣くどころか呼吸もできずにいるコもたくさんいるそうですのでその点は安心しました。

と言う事で人工呼吸器もつけずに頑張ってパクパクしていました。

体内にいる間に子宮内での感染はあるでしょう。という事でしたのでそのあたりに注意しながら経過観察していくそうです。

確かにあまりに週数が早く出てきてしまうと助からないし、かといってウテメリンやマグセントで点滴している時間が長いと子宮内で感染してしまう・・・

幸いにも元気にしているのでホッとしています。

予定ではこの週数で出てきた赤ちゃんは、予定日プラスひと月程入院しているようですので、うちのコは7月末に退院の予定です。

少しせっかちに出てきましたが、点滴に耐えられなくなっていたお母さんを気遣って早めに出てきたやさしいわがコをこれからも暖かく見守っていくしかありません。

やっと少し冷静になってきました。父親ってもっとしっかりしていないといけないんですけどね・・・。



マタニティブログ・・・応援の程お願い致します・・・。

にほんブログ村 マタニティーブログへ




今すぐ、グーグルアドセンスに登録する


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。